スタッフ紹介

スタッフ紹介

院長  廣井 恵美

ひろい動物病院の院長

日本獣医生命科学大学 獣医解剖学教室卒業

東京都内の小動物診療室にて勤務医、
分院長として一般内科、外科を学ぶ
日本獣医生命科学大学獣医内科学研究室第二の研究生として、
循環器疾患、腎臓病について学ぶ
石川県内の動物病院に勤務、地域に根付いた獣医療を学ぶ

所属学会:日本獣医がん学会、獣医アトピー・アレルギー・免疫学会、石川県獣医師会

私は石川県小松市で生まれ育ちました。自然が豊かで空気もきれいな地元が大好きです。獣医師になる為に一時期地元を離れましたが、いつか故郷に戻り、獣医師として働く事が幼い頃からの夢でした。

ホームドクターとして地域に密着した獣医療を提供する事で、獣医師として、また一人の人間として地域の皆様のお役に立てればと思っております。

動物は大切な家族の一員です。そして、その子と出会えたのはきっと何かのご縁だと私は考えております。せっかく家族として迎え入れた動物の事で悩み苦しむのはとても悲しいことです。たとえその子が病気になったとしても、治らないとわかったとしても、その一つ一つに真摯に向き合い、動物も含めご家族皆様が喜びや幸せを日々感じて過ごせるよう精一杯努力いたします。

病気やケガの治療だけでなく、予防や普段の行動、ちょっとした悩みなど何でも構いません。お気軽に相談していただけると嬉しいです。

副院長  廣井 輝代

日本獣医生命科学大学 獣医臨床病理学教室卒業

神奈川県の動物病院にて勤務し一般内科、外科を学び、内分泌科二次診療にも携わる 

所属学会:日本獣医がん学会

その他資格:ROYAL CANIN フードアドバイザー

母が獣医師だったこともあり、私は幼い頃から動物に囲まれて生活してきました。楽しい時も、苦しい時も動物とともに過ごしてきたため、私にとって動物は大切な家族の一員です。そんな家族が病気になった時に、自らの手で治してあげたいと思ったのが、獣医師を志したきっかけでした。

例えばある病気になってしまった子も、その病状はひとりひとりさまざまであり、その治療法に正解というものはありません。インフォームドコンセントをもとに、ご家族皆様が納得できる治療法を共に考えていきたいと思っております。そのために日々進歩する獣医療を積極的に学ぶとともに、診察室でのご家族皆様との話し合いの時間を大切にしていきたいです。

初めて動物を家族の中に迎え入れたその日から、お別れの最後の日まで、ご家族ひとりひとりに寄り添うことができる獣医師でありたいと思っております。どんな些細な事でもご相談ください。

原稿執筆:緑書房「猫の診療指針Part2」第4章糖尿病
学会発表:
・日本臨床獣医学フォーラム2015ポスターセッション
「徐放性オクトレオチド(サンドスタチンLAR筋注用キット)投与により良好なコントロールが得られたインスリノーマの犬の1例」優秀賞受賞
・日本臨床獣医学フォーラム2016ポスターセッション
「炎症性腸疾患の治療中に骨髄炎を伴う敗血症を呈した犬の1例」

看護師  田中 幸

資格:統一認定動物看護師、NAVAトリマー3級

小さい頃から動物を飼っていて、今は犬1匹と猫1匹と一緒にいます。

わんちゃん、ねこちゃんのことで何かお力になれることがあれば、お気軽にご相談ください。

看護師  本村 実穂

資格:統一認定動物看護師、NAVAトリマー3級

幼い頃から動物関係の仕事に就きたいと思っていました。勉強をしていくうちに動物を助ける仕事をしたいと思い、動物看護師を目指しました。
飼い主様とのコミュニケーションを大切にし、皆様の大事な家族を任せていただけるよう頑張ります。