院内紹介

院内紹介

 院内施設

待合室

診察室

処置室

レントゲン室

ひろい動物病院の入院室

入院室

屋外待合所(ドッグラン)

 医療器材

院内にある機材の一部のご紹介です。

超音波画像診断装置

動物に侵襲を与えず、体の表面から内部の状態を観察する画像診断装置です。肝臓、胆嚢、消化管、膵臓、腎臓、膀胱などの腹腔内蔵器の構造や腫瘍の有無を観察することが出来ます。また、心臓の動きや血流の速度・逆流など心臓の状態を評価することが出来ます。

半導体レーザー

半導体を媒体としたレーザー治療システム。切開、凝固など外科手術の器具としてだけでなく、疼痛緩和や創傷の治癒など多岐にわたる治療機器です。

麻酔器モニター

手術中の心拍数、呼吸数、血圧、心電図、動脈血酸素飽和度を確認する事が出来ます。手術中に異変が生じた場合に迅速に対応することが出来ます。

ガス麻酔器

手術や検査などで麻酔を必要とする場合に使用します。

人口呼吸器

閉鎖循環式麻酔システムと併用し、麻酔時における呼吸補助を目的とした動物用人工呼吸器です。

イヌC反応蛋白濃度測定装置

炎症マーカーと呼ばれているC反応性蛋白(CRP:炎症や組織壊死に伴い血液中に増加する物質)を測定する装置です。

自動血球計算装置

赤血球、白血球、血小板の数を測定する装置。貧血や炎症、感染症の有無、止血異常などを調べることができます。

血液化学検査器

異常な臓器系の検出を行うための血液化学検査装置です。

超音波手術システムソノサージ

当院では電気メスに加え、超音波メスを導入しております。これにより血管を糸で縛ることなく、振動により血管をシール(密封)して安全に切断することが出来ます。体内に糸を残さないことで、手術後も疼痛を抑え、縫合糸が原因で起こる肉芽腫を防ぐことが出来ます。

高周波電気メス

電気により発生する熱で、切開、切除、凝固、止血などの各処置を効率的に行うことが出来ます。

ネブライザー

呼吸器疾患の治療に用いられ、液体をエアロゾルという粒子に変化させ、気道に直接薬液を送ることができます。人ではマスクから直接呼吸しますが、動物では小さい部屋の中にエアロゾルを充満させてその中で吸入を行います。

ポータブルスリットランプ

眼の表面に細い光を当てつつ、拡大して観察することで、角膜、眼房、水晶体、虹彩などの構造を確認するのに用います。ブドウ膜炎や白内障などの診察に用います。

厚平式眼圧計

眼圧を測ることで、主に緑内障の進行や治療の反応を評価することができます。緑内障は眼の緊急疾患なので、早急に対応しないと失明する恐れがあります。

トランスイルミネーター

瞳孔反射検査や前眼部観察の他、非球面レンズを用いて倒像眼底検査が行えます。

ニューマチック型検耳鏡

耳道内の汚れや炎症を確認するのに用います。